口内炎の種類

口内炎と一言で言っても口内炎には色々な種類があるという ことは、そのできる原因が多様であることを考えてもわかる ことだと思います。口内炎にはどのような種類があるのでし ょうか。大人がかかる口内炎で、もっとも一般的な口内炎は アフタ性口内炎といいます。患部の中央にくぼみができる 状態の口内炎で、白っぽく見えます。

また、次に多く見られるのはカタル性口内炎といわれる口内炎 です。この口内炎は、口の中の粘膜や歯茎の部分が赤く炎症を 起こす状態になります。アフタ性口内炎のように中央にくぼみ はなく、全体的に赤く炎症を起こしている状態に見えます。

次はアレルギーによる口内炎です。これは、刺激物を食べたり、 薬物へのアレルギーで起こる口内炎です。がんの治療で抗がん剤 を服用すると、口内炎が起こるといわれています。これは、体が 薬物にアレルギー反応を起こしてできる状態なんですね。

このような薬物へのアレルギー反応の口内炎はさまざまな薬で 見られるといわれています。また、喫煙者によく見られる口内炎 もあります。これは、喫煙によってビタミンが欠如するために 口内炎ができるといわれています。喫煙をやめたり、ビタミンを 意識的に摂取することが大切です。

また、口内炎とはちょっと違いますが、口角炎という状態になる こともあります。これは、唇の両端の口角の部分に赤い炎症が 起こり、亀裂が起きる状態を言います。かなりの痛みを伴うこと が多く、外から見えるので気になる、という人も多いです。

→栄養不足で口内炎になりやすい方は10%増量中のやずやの養生青汁がお勧め!
青汁


当サイト人気コンテンツ

口内炎の原因について
大人の場合、口内炎になる原因は、体力の低下や免疫力の低下であることが一番です。毎日が忙しく、睡眠不足などを続けていると、口内炎ができやすいという人はいませんか。実は大人の場合、こうした・・・ 続きを読む

口内炎の手ごろな薬は?
痛みがひどい、食事しづらい、という時にできれば早く効く薬が欲しいものですね。塗り薬としては「ケナログ」という軟膏が良く効きます。この軟膏のポイントはしみないことで、マメに塗っていればみるみる・・・ 続きを読む

口内炎の病院治療の概要
口内炎がなかなか治まらない場合、病院で治療を受けたほうがよい場合もあります。ところがいざ病院に行こうと思っても、何科で診察を受ければよいか迷うかもしれません。口内炎には専門の診療科が・・・ 続きを読む

【その他・人気コンテンツ】
★ 疾患に伴う発症
★ 予防の方法
★ 舌にも出来るの?
★ 口臭との関係性
★ 子供の口内炎
★ 口内炎の治療


Copyright (C) 2007 口内炎@情報館 All Rights Reserved.