疾患に伴う口内炎

口内炎は色々な原因によって引き起こされるというお話をしましたが、 大きな疾患から口内炎が引き起こされる場合もあります。それでは ここで、疾患による口内炎についてみていくことにしましょう。

まずはウィルス性の口内炎です。これは、ウィルス感染している ときにできる口内炎です。ヘルペスとも言われ、唇や口腔の粘膜に 小さな水疱の集まりができるのが特徴です。この水疱の集まりが 破れると、びらんや潰瘍になりますので注意しましょう。

次はカンジタ性の口内炎です。カンジタとはカビの一種、ですから、 カンジタ性の口内炎とは、カビの寄生によって起こっている口内炎 であるということがわかります。この口内炎の場合、まずは口腔内 で水分がしみたりする感覚になることから始まります。そして白く やわらかいコケのような斑点が発症し、それがだんだんと赤くただ れるようになります。痛みはあまりありませんが斑点が口腔内に 広がっていってしまうことがあるので適切な治療が必要です。

また、血液疾患から口内炎が引き起こされる場合もあります。 これは、血液の疾患になることによって、血液中の鉄分が欠乏 していたりすると引き起こされるのです。鉄欠乏貧血になると、 口の中の粘膜が白っぽくなったり、口角に亀裂が入ったりして、 口内炎の症状を引き起こすことがあるのです。これもまた口内炎 の治療とともに、血液を正しい状態に戻してあげる治療をしなく てはなりません。疾患を伴う口内炎の場合には、適切な治療を しないと繰り返し発症することがありますので注意しましょう。

→栄養不足で口内炎になりやすい方は10%増量中のやずやの養生青汁がお勧め!
青汁


当サイト人気コンテンツ

口内炎の原因について
大人の場合、口内炎になる原因は、体力の低下や免疫力の低下であることが一番です。毎日が忙しく、睡眠不足などを続けていると、口内炎ができやすいという人はいませんか。実は大人の場合、こうした・・・ 続きを読む

口内炎の手ごろな薬は?
痛みがひどい、食事しづらい、という時にできれば早く効く薬が欲しいものですね。塗り薬としては「ケナログ」という軟膏が良く効きます。この軟膏のポイントはしみないことで、マメに塗っていればみるみる・・・ 続きを読む

口内炎の病院治療の概要
口内炎がなかなか治まらない場合、病院で治療を受けたほうがよい場合もあります。ところがいざ病院に行こうと思っても、何科で診察を受ければよいか迷うかもしれません。口内炎には専門の診療科が・・・ 続きを読む

【その他・人気コンテンツ】
★ 疾患に伴う発症
★ 予防の方法
★ 舌にも出来るの?
★ 口臭との関係性
★ 子供の口内炎
★ 口内炎の治療


Copyright (C) 2007 口内炎@情報館 All Rights Reserved.