子供の口内炎について

子供の口内炎で悩んでいる親も結構多いようです。子供の場合、疲れが残っていたりすると、口内炎もできやすいものです。睡眠をたっぷりとらせ、大根・とうがん・すいか・梨など、体内熱を取り除く食べ物を食べさせます。他に、子供に口内炎が出やすい原因は、ジャンクフードの油もあります。ジャンクフードは、肌荒れの原因にもなります。子供の肌荒れや口内炎が気になるなら、食べさせる物に気をつけることです。バランスのとれた食生活と、規則正しい生活リズムを心がけるのが第一です。

口内炎のできやすい子供は、普段からできるだけ甘い物を食べさせない方がよいでしょう。野菜不足になりがちなので、体が弱アルカリ性になるように、野菜や海草を多く食べさせるのが良いですが、口内炎の予防には、海草はかなり有効となります。口内炎のできている時には、薬局などで買えるビタミン補給のサプリメントを利用するのも良いでしょう。チョコラBBジュニアは良く効くことで知られています。

口内炎がひどくて、ものもあまり食べられないような場合、病院で治療してもらったほうが良いかもしれませんが、一般の口内炎(アフタ性)なら、市販でお買いになった系の塗り薬が処方されます、さらにビタミン剤も処方されることがあります。ヘルペス性の口内炎なら、そのための専用の治療薬を処方されることになります。市販の薬のほうがしみるようで、病院で処方される薬の方がまだ刺激は少ないようです。

1〜3歳の乳幼児で、急に39℃近くの高熱が出て、せきや鼻水などかぜの症状がないときには、ヘルペス性口内炎の疑いもあります。抗ウィルス薬を使えば、2〜3日で回復しますが、口唇の口内炎の後には黒いかさぶたが残ります。口の痛みが強くて水分をあまり飲まない。高い熱が3日以上続く。元気がなく、ぐったりしている。このような場合は再度診断を受けましょう。また、よだれなどから移ることがあるので、口内炎が完全に治るまで約1週間は家にいることです。

→栄養不足で口内炎になりやすい方は10%増量中のやずやの養生青汁がお勧め!
青汁


当サイト人気コンテンツ

口内炎の原因について
大人の場合、口内炎になる原因は、体力の低下や免疫力の低下であることが一番です。毎日が忙しく、睡眠不足などを続けていると、口内炎ができやすいという人はいませんか。実は大人の場合、こうした・・・ 続きを読む

口内炎の手ごろな薬は?
痛みがひどい、食事しづらい、という時にできれば早く効く薬が欲しいものですね。塗り薬としては「ケナログ」という軟膏が良く効きます。この軟膏のポイントはしみないことで、マメに塗っていればみるみる・・・ 続きを読む

口内炎の病院治療の概要
口内炎がなかなか治まらない場合、病院で治療を受けたほうがよい場合もあります。ところがいざ病院に行こうと思っても、何科で診察を受ければよいか迷うかもしれません。口内炎には専門の診療科が・・・ 続きを読む

【その他・人気コンテンツ】
★ 疾患に伴う発症
★ 予防の方法
★ 舌にも出来るの?
★ 口臭との関係性
★ 子供の口内炎
★ 口内炎の治療


Copyright (C) 2007 口内炎@情報館 All Rights Reserved.