猫も口内炎になるの?

人間以外に、動物でも、例えば、猫も口内炎になるようです。猫の口内炎(歯肉口内炎)は、歯茎や舌、口のなかの粘膜が炎症を起こす病気です。よだれで口のまわりが汚れてきた。口臭がひどい。頬をさわると、猛烈に痛がる。食欲がない。ごはんを食べようとすると、痛がる。あまり水も飲まない。口の中が真っ赤にただれている。こんな症状が猫の口内炎では見られます。猫の口内炎は人間よりも深刻なようで、きちんと対処してあげる必要があります。

猫の口内炎の原因は、まだはっきり判明していませんが、歯垢や歯石がたまることが原因の一つと考えられています。また、猫白血病ウイルス感染症や猫エイズウイルス、猫風邪(猫ウイルス性呼吸器感染症、猫カリシウイルス感染症)などのウイルス感染症にかかって免疫力が低下して、細菌や真菌に感染しやすくなるのも原因の一つと考えられています。そのほかにビタミンAが不足がちの場合にも、口内炎になることがあります。

治療といっても、基本的には対症療法しかなく、各動物病院でいろいろな治療がおこなわれていますが、完治することは難しいようです。歯垢・歯石の除去や口腔内の洗浄、抗生剤の投与、免疫力を抑制して過剰な抗体反応を抑えるステロイド剤、逆に免疫力を高め、抗炎症作用のあるラクトフェリン、免疫力を調整するインターフェロンなどの単独、または組み合わせ投与。あるいはレーザー治療。さらには炎症のはげしい臼歯部の臼歯を抜歯したり、それに加えて、犬歯や切歯などすべての歯を抜く治療法もあります。

予防には、 普段から口の中をケアしてあげることが大切です。消毒液で洗浄したり、歯垢の付きにくいフードを与えるなどします。動物病院でも処方食として歯垢の付きにくいフードは置いてあります。また、ドライフードは柔らかい缶詰フードよりも歯垢が付きにくいといわれます。予防の第一は、細菌の塊である歯垢を付着させないことです。

→栄養不足で口内炎になりやすい方は10%増量中のやずやの養生青汁がお勧め!
青汁


当サイト人気コンテンツ

口内炎の原因について
大人の場合、口内炎になる原因は、体力の低下や免疫力の低下であることが一番です。毎日が忙しく、睡眠不足などを続けていると、口内炎ができやすいという人はいませんか。実は大人の場合、こうした・・・ 続きを読む

口内炎の手ごろな薬は?
痛みがひどい、食事しづらい、という時にできれば早く効く薬が欲しいものですね。塗り薬としては「ケナログ」という軟膏が良く効きます。この軟膏のポイントはしみないことで、マメに塗っていればみるみる・・・ 続きを読む

口内炎の病院治療の概要
口内炎がなかなか治まらない場合、病院で治療を受けたほうがよい場合もあります。ところがいざ病院に行こうと思っても、何科で診察を受ければよいか迷うかもしれません。口内炎には専門の診療科が・・・ 続きを読む

【その他・人気コンテンツ】
★ 疾患に伴う発症
★ 予防の方法
★ 舌にも出来るの?
★ 口臭との関係性
★ 子供の口内炎
★ 口内炎の治療


Copyright (C) 2007 口内炎@情報館 All Rights Reserved.